一般的にも普及しているAEDの秘密【ワンストップで対応】

ニュース一覧

普及が進んでいる背景とは

心電図

地域貢献やCSR活動にも

AEDを導入している企業や公共施設が増えています。AEDの普及が進んでいる最大の理由は法改正によって一般市民でもAEDを扱う事が出来る様になった事が挙げられます。2004年に解禁されて以降、数年で飛躍的に増加し、その後も安定的に設置台数が増加をしています。もちろん、単純に解禁されたから増えているという訳では無く、AEDの有効性が年々、取りざたされている事も要因として挙げられます。一般市民が実際にAEDを使用して人命救助を行った事例は多く、成功事例等を受けて人命救助の観点から広く導入がされています。実際に導入を行う企業の中にはCSR活動の一環として行っているケースも少なく無い状況で地域住民の安全の為にも導入をしているケースがあります。この動きは学校などにおいても同じで、生徒や学生、先生の命を守るのはもちろんですが、周辺に住む方々の人命救助となるケースもあるので広く導入がされている状況です。なお、AEDを有効的に活用する為には事前にAEDの講習などを行うのが良いでしょう。初見の方でも簡単に焦らずに使えるのがAEDの魅力でもあるので講習などを受けなくても誰でも利用をする事は出来ますが、事前に理解をしておくのとおかないのでは実際に行う際に大きな違いがあります。導入を検討している企業や自治体の方は導入に合わせて講習会なども検討するのが良いでしょう。講習は販売元が行うケースもありますし、地域の消防などが行うケースもあります。様々なやり方があるので効果的に活用をしましょう。