一般的にも普及しているAEDの秘密【ワンストップで対応】

ニュース一覧

救命装置の選び方

AED

買い取りかレンタルか

AEDは、買い取りかレンタルかで費用が変わってきます。買い取りの場合は、一般人が使うことを想定されているタイプのAEDでは20万円から35万円ほどが相場です。消防などのプロが使用するタイプとなると、50万円くらいはします。しかし、職場や店舗などに導入する場合、使用するのは主に一般人でしょう。レンタルの場合は、月々にかかる費用は4,500円から6,000円ほどが相場です。基本的に5年縛りとなっています。5,000円のAEDをレンタルした場合、5年で36万円程度かかることになります。買い取りの場合、耐用年数は7年ほどで、保証期間は5年ほどが一般的です。他にも、数年に一度消耗品やバッテリー購入なども必要になります。これは、毎回2万円から3万円程度必要です。一見するとレンタルの方が良いように思えますが、長い目で見た場合は、購入した方が費用を抑えられるでしょう。5,000円のAEDを7年間レンタルすると、かかる費用は42万円です。しかし、30万円のAEDを購入し、2年ごとに消耗品に3万円ずつ支払った場合、7年間でかかる費用は39万円なのです。5年以上AEDを設置している必要があるならば、レンタルよりも購入する方がお得と言えるでしょう。ちなみに、AEDには成人用と小児用の切り替えができるタイプとできないタイプがあります。切り替えができるタイプの方が、値段は高めです。導入費用は抑えたいところですが、いつ何が起こるかわかりません。費用が高くなっても、切り替えができるタイプを選んだ方がいいでしょう。