一般的にも普及しているAEDの秘密【ワンストップで対応】

ニュース一覧

救命装置の導入

ハート

ランニングコストを考える

救命のために様々な場所に設置されているAEDですが、もし導入しようと思った場合、その費用が気になることでしょう。メーカーや機種によってAEDの価格は異なりますが、30万円から50万円が相場です。AEDが安い方が導入はしやすいですが、ランニングコストも考えて購入した方がいいです。例えば、心電図を測定するためのパッドは消耗品です。また、使い捨てのリチウム電池が必要となるのですが、これらが初めからAEDとセット販売されているとは限りません。セット販売されている物は多いですが、別途購入が必要の物もあるのです。さらに、バッテリーなどの消耗があるかどうか、AEDにはセルフテスト機能が搭載されているのです。これにより交換の必要があればすぐにわかるのですが、消耗品の寿命は機種によって異なります。購入後、消耗品の交換頻度の多さに後悔しないために、購入前に寿命がどれくらいか確認しておくといいでしょう。また、電極パッドとバッテリーの寿命は異なることが多いです。寿命がきたらそれぞれ交換するのもいいですが、同時に交換ができた方が、メンテナンスの手間を省くことができます。実は、それぞれ交換するよりも、同時に交換をした方が費用を抑えられるのです。AED本体の耐用年数がどれくらいか、ということもチェックしておく必要があります。メーカーや機種により、5年から8年と耐用年数に幅があるのです。また、保証期間も異なることでしょう。長い目で見ると、値段の高いAEDの方が安いこともあるのです。